効率厨のソシャゲ攻略ブログ

ソシャゲを如何に効率良くプレイするか攻略するブログ。

【リボハチ】効率的な序盤手引き【初心者向け】

リボルバーズエイト

 

今回はクラロワライクな対戦型RTSリボルバーズエイト(リボハチ)」の序盤攻略記事を書いていきます。

 

1月22日のリリース日からプレイしていますがプレイ人口が恐ろしく少ないですw

僕はその理由の1つに「対戦でボコボコに負かされたからヤメる」というのが多いんじゃないかと思っています。

 

僕の場合はクラロワ、ガンダム即応戦線、ウィムジカルウォーなど類似ゲームをいくつもプレイしていたので序盤は躓かずに進めましたが、こういったゲームを初めてプレイされる方にとっては難しいと思います。

 

PvPにおいては経験値の有無が勝敗に直結します。類似ゲームではランカーでなかった人でも、初心者の多い新規ゲームに参加すれば無双しているように見えるはずです。

 

圧倒的に強い人とタイマンで勝負しボコボコにされるのはとても嫌ですよね...僕もクラロワを始めた当初は負けに負けまくって同じ思いをしました。

 

言ってしまえば参入ハードルの高いゲームなのですが、その高そうに見えるハードルを取っ払おうというのが今回の趣旨です。

 

こういうゲームは一度理解してしまえば、後は経験と応用で何とかなります。その経験は本記事を読めばある程度上乗せされるはずです。

 

最初は辛いですが、己の力で勝てた時の嬉しさは計り知れないので一緒に頑張りましょう!

 

 

 

プレイする前に

リセマラは不要

リボハチは一応ソシャゲです。ソシャゲにはリセマラが付き物ですが、その必要はありません

 

カードにはレア度が存在し低い順からノーマル(N)、レア(R)、スーパーレア(SR)、レジェンド(LE)となります。しかしリボハチにおいては「レア度=強さ」とはなりません。

 

いや、強いには強いんですが初心者の方が序盤からLEを使ってプレイすると恐らく上達しません。いずれカードパワーだけではどうしようもなくなってヤメてしまうのがオチです。

 

結論としてプレイヤーの技術があればレア度は関係なく勝てるようになります。LEを入手するのはその後でも構わないでしょう。

 

リセマラに時間を使うくらいなら1戦でも多く戦って経験値を増やしたほうが圧倒的に良いです。

 

 

序盤の課金はリーグ昇格セールのみに留める

リーグ昇格

 

最初にハッキリと申し上げますと、リボハチはカードレベルがMAXならランカーになれます。レベルゲーってことですね。

 

じゃあ最初に課金して「強くてニューゲーム」状態のほうが良いんじゃない?と思われるかもしれません。

 

お金が有り余っているならそれでも全く構いません。ただリーグ上層へ行くに連れ、次元書の取得カード枚数が増えます。効率的に課金するならリーグ上層で行うのがベストです。

 

ですが各リーグの昇格セールだけはめちゃくちゃお得です。比較的安い価格でカード、ジュエル、ゴールドが手に入ります。序盤の課金は昇格セールのみに留め、リーグが上がってきたらガッツリ課金する。

 

僕もそこそこ課金しましたが、これがベストな行動だと思います。

 

 

対戦中はミュートにする

冒頭で人口が少ない理由を述べましたが、それに付随するもう1つの理由が「対戦中の煽り」ですね。

 

リアルタイムで対戦するゲームには付き物ですが、自分より相手のほうが弱いと、行動に余裕が出来て「意味の無い行動」「無駄な行動」を行います。具体的にはスタンプ連打とか。

 

僕は煽ったことがないので分かりませんが、恐らく優越感に浸っているんでしょうね。いわゆる俺ツエー状態です。

 

ちょっと疑問ですが、これをされて気分を害さない人っていますかね?

「クソッ!煽られた!自分の力が及ばないのが原因だ!もっと精進しよう!」なんて思える人はまずいないと思いますw

 

僕もクラロワで散々煽り倒されて嫌な気分になりました。ですからスタンプ機能はミュート推奨です。

 

①右下の吹き出しマークをタップ。

ミュート1

 

②スタンプ画面の左にある吹き出しマークをタップ。

ミュート2

 

吹き出しマークが画像のようになっていればミュート完了です。

ミュート3

 

でも煽ってくるやつをボコボコにするのはとても快感なんですよね...偶に気分を変える為にミュートを切ってプレイしてますw

 

 

プレイしてから

ギルドに入り寄付をする・受ける

ギルド

 

カードをリクエストすることを便宜上寄付を受けると表現してますが、これはギルドの仲間達がカードを無償で提供してくれています。基本的にカードレベルを上げるにはこの寄付を活用しなければなりません。

 

では寄付する側にメリットは無いかというと、そんなことはありません。

寄付をするとカード枚数・レア度に応じてタワー経験値とゴールドが入手できます。特にタワーレベルを上げるには寄付を行うのが堅実で確実なのでカードを募集している仲間がいたら積極的に寄付しましょう。

 

カードも経験値もゴールドも貰えるためギルドに入ることはメリットしかありません。必ず入りましょう。

 

 

ゴールドショップのキャラは買わない

ゴールドショップ

 

実はこれ、かなりの罠です。カードが揃い始める中盤以降で気づく人も多いはず。

 

ゴールドの使い道はショップとレベルアップ時でしか使いません。このレベルアップってのが曲者で、低レベルなら大したことないんですが高レベル...具体的には10レベル以上にするには万単位のゴールドを消費します。

 

1つのカードを1レベル上げるのにですよ?ですから序盤から金策を行わないと無課金の方はまず詰みます。微課金とは言え課金している僕ですらゴールド不足ですからね。

 

ゴールドは有用カードのレベルアップに使いたいのでショップからは購入しないでください。特にリーグ10以降はLEが購入できますが、1枚のお値段が40000ゴールドです。LEを買うくらいならカード2枚をレベル10→11にしたほうが圧倒的に強くなれます

 

 

ジュエルはリーグ次元書開封が最効率

リーグ次元書

 

カードのレベル上げしたいなあ、と思ったら次元書ガチャを行いカードを集めるのが普通だと思います。

 

ですがそのガチャもリーグ上層から行ったほうがお得な上に、カード枚数が欲しいなら対戦勝利時に貰える若木、革、銀、金、ダイヤの次元書の開封にジュエルを使うのが最も良いです。

 

1日20回しかドロップしませんが、回数を熟すだけでカードが貰えます。勝ち続ければレートも上がるし、いずれLE排出率が高いダイヤの次元書も手に入ります。

 

これらを入手した時にリーグが低いままだとせっかくの高レアもカード枚数が減少してしまうので、リーグを上げるためにもカード枚数を増やすためにも序盤のジュエルはリーグ次元書開封を行いましょう。

 

 

レベルアップするキャラは厳選する

割と頻繁にアップデートを重ねてキャラ調整を行ってますが、それでも弱いキャラは存在します。

 

先述したゴールドの問題からレベル上げをするキャラは厳選しないと手詰まりになってしまいます。

 

レベル上げしても問題ない強いキャラは後述します。ですが本記事では単に効率を求めているだけですから、これに限らず使いたい使い続けたいと思うようなカードがあれば好きにレベル上げするのが一番です。

 

 

テクニック編

勝った試合で良いからリプレイを見る

なぜ勝った試合かと言うと、負けた試合を見てもツマラナイからですw自分が勝った試合なら不快な気持ちにならず見れますからね。

 

それでなぜリプレイを見るのかですが、リプレイによって「神様視点(第3者視点)で試合を客観的に見ることができる」からですね。

 

相手の手札も見れますが、始めのうちは自分の手札や行動のみに注目してください。

例えば、

  • 相手の行動に対してこちらがどう対処するのか。
  • 配置の仕方は問題ないか。
  • このタイミングでミニオンを出したのは最善だったのか。
  • Nスキルは貯まり次第使っているか。
  • Sスキルのタイミングはちゃんと意味があったか。

 

などなど。試合を見るだけでも考えることはできるので経験値は貯まります。自分の思わぬ欠点が見つかるかもしれません。

 

見ないより見たほうが絶対に良いので勝った試合だけでもリプレイを覗いてみましょう。

 

 

防衛時はタワーを有効活用する

タワー活用

 

相手のヒーローやミニオンがこちらのタワーに向かって来たらスペルを打ちたいところですが、それが最善手となる場合は少ないです。

 

基本的に相手を迎え撃つ時は味方タワーを交えて迎撃します。タワーの射程範囲、攻撃力は馬鹿にできません。例えば桃太郎が単体で攻めてきても、どのミニオン(1コスのトランプ兵でも)を使ってもタワーにはノーダメージのまま撃退することが可能です。

 

タワーは破壊されないよう守るべき対象ですが、同時に迎撃に重要な守りの要でもあります。

 

初心者にやりがちなのが相手の攻めに対して、こちらも同等(同じコスト)のカードを使い守ることです。仮に守れたとしても、相手と同じ分のコストを消費しているので状況はイーブンのままです。

 

攻撃を受ける側はタワーという存在がありコストを抑えながら迎撃できるので普通は有利になります。ですので相手が攻勢になったら状況を確認しタワーを活かした防衛をしてみてください。

 

 

配置のセオリーを知る

配置

 

最初に言っておきますが相手味方問わず、場にユニットがいない状況で自陣の最前線からユニットを出すのは基本的に悪手です。(シンデレラ等を除く)

 

敵陣に入った途端タワーの射程圏内です。特に低コストのミニオンを出しても安全に迎撃されるだけなので、開幕ミニオンとかはヤメましょう。開幕は中央の本タワーの後ろにユニットを出してコストを貯めながら攻めの準備をします。

 

では相手がタワーの迎撃では凌ぎ切れないほど攻めてきたらどうするか?です。

こういう状況になったらユニットを配置しますが、バカ正直にタワーの正面に配置しても直ぐに倒されてしまい逆にこちらが不利になってしまいます。相手が範囲攻撃持ちなら下手をすればタワーにまでダメージを喰らうことになります。

 

範囲攻撃

 

配置する際はタワーラインを避け、フィールド中央付近に配置するのがセオリーです。

こうすれば相手ユニットは味方ユニットに近づくために進路を変え、短い時間ですが移動に専念します。その時間を使ってタワーの攻撃回数を伸ばしてやるってことですね。

 

一見意味の無さそうな行動ですが、やるのとやらないのとでは雲泥の差があります。これは経験していけば自ずと分かってきます。

 

他にも配置の仕方は様々ありますが、初心者の方はこれだけ意識しておけばOKでしょう。相手のユニット、ユニット総数によってベストな配置はその都度変わります。経験値が貯まれば自然と判断できますのでゆっくりと進んで行きましょう。

 

 

インク(コスト)は計画的に使う

ユニットを出すにはコストが必要です。コストは時間経過のみの回復なのでうっかり高コスト(6コス以上)のユニットを出すと、為す術なく相手に攻められてしまう場合もあります。

 

基本的なことですが「相手の使ったコスト<自分の使ったコスト」にならないことが大切です。

 

例えば相手が2コスミニオンの赤鬼を出したとします。これを3コススペルの銀貨で対応しました。もうお分かりですね?

「相手2コス<味方3コス」を消費したので傍から見ても味方が不利なのは一目瞭然です。

 

こういうのをコストアドバンテージ、コスアドとか単にアドとか言われているやつですね。上記の例だと相手側からするとコスアド有利、味方はコスアド不利って感じです。

 

ぶっちゃけこれの積み重ねで勝敗は決まります。如何に相手から有利を取るかが鍵。

 

ですが始めのうちから全ユニットのコストを覚え対処するのは酷な話なので、まずは同等のコストで対処(トレード)するように意識してください。クエストをやればより分かりやすいと思います。

 

 

強いユニット・スペルを使う

強キャラ

 

これを説明すると1記事丸々書けるほど長くなっちゃうんで、序盤のリーグ1~5までのおすすめカードをザッと書いちゃいます。どのデッキに入れても間違いなく有用なカードのみをチョイスしてます。

 

■ヒーロー

 

ミニオン

  • 赤鬼
  • 青鬼
  • リリパッド

 

■スペル

  • 星の銀貨
  • 空飛ぶトランク

 

建物は扱いが難しいためゲームに慣れてから入れてみてください。無くても全然構わないですが、序盤はモドキ砲なら入れても良いかもしれません。

 

シンデレラ、金太郎、アラジンなどのヒーローもデッキを選びますがかなり有用です。上記のヒーローと組み合わせて運用してみてください。

 

レベルを上げるのもこれらのカードならまず間違いありませんね。リーグ上層でも普通に使います。赤鬼なんかは採用率1位ですからね、腐ることは無いので安心してレベル上げできます。

 

 

デッキのバランスを考える

デッキバランス

 

チュートリアルか何かでも説明されたかもしれませんが、ユニット...特にヒーローには役割があります。

 

相手の攻撃から味方を守る王様、範囲攻撃のある赤ずきん、高火力でタンクを沈める金太郎など様々です。

 

ちょっと想像して欲しいのですが、デッキに4枚しか入れられないヒーローを赤ずきん、シンドバッド、赤いくつ、乙姫で埋めたらどうなるでしょうか。範囲攻撃ばかりで単体火力が出せませんね、王様を出されたらどうしようもないのもNG。

 

他にもマッチ売りの少女、浦島太郎、おおきなかぶ、などを一緒に入れると高コストに寄りすぎていてカードを出せなくなる危険もあります。

 

上の例では極端に説明しましたが、デッキはバランス良く組むと相手の行動にも柔軟に対処できるのでおすすめです。

 

具体的にはヒーロー3~4、ミニオン2~3、建物0~1、スペル1~2、これくらいの枚数がバランスも良く理想的です。ヒーローやミニオンは地上・空中のバランスを取るのもお忘れなく。

 

いずれ各リーグでオススメのデッキを紹介するつもりです。

 

 

ノーマルスキルはなるべく使う

ノーマルスキル

 

クラロワと決定的に違うのがスキルの存在です。

ノーマルスキルとスペシャルスキルに分かれており、ノーマルスキルは時間でチャージされ次第何度でも使えます

 

ですから使うのと使わないのとでは大きく差が開きます。王様のNスキルを取って見ても、HPを20%も回復してくれます。

 

僕は現在最上層のリーグ11に居ますが、リーグ11の猛者達ですら要所要所でスキル発動を怠っているプレイヤーが多いです。「これスキル使われてたら負けてたな」という試合も少なからずあります。

 

無闇矢鱈に発動させても不発する場合があるのでタイミングはしっかり考えてください。例えばシンドバッドのNスキルでFウィスプを召喚しても、スペルのトランクが飛んできて一緒に倒されるとか。

 

タイミングが簡単なヒーローは王様のHP回復、赤いくつ・孫悟空のシールド付与、あたりは貯まり次第発動させても問題ありません。当然王様はHPが減っている状態じゃないと意味ありませんがw

 

Nスキルは少なく見積もっても3回は発動できるはずです。なるべく意識しながら試合に臨みましょう。

 

 

スペシャ(リーダー)スキルのタイミングを見極める

スペシャルスキル

 

更に特徴的なスペシャルスキル。1試合に1度だけですが強力なスキルを発動します。これはNスキルと違ってしっかりと発動タイミングを考える必要があります。

 

最も採用率の高い桃太郎で解説しましょうか。

 

桃太郎のSスキルはスキル範囲の敵ユニットを近い順に攻撃し、ユニットが居ない・居なくなるとタワーをターゲットに攻撃します。用途は範囲内の敵一掃とタワー隣接の瞬間移動。道中の敵を倒しつつタワーに移動できるので速攻を決めたい時に便利です。

 

しかしタワーに隣接しても、その直ぐ後に浦島太郎を出されたら攻撃できないまま倒されます。桃太郎単体ならミニオンを出されても大したダメージが与えられずヤラれます。これではSスキルを使った意味がありませんよね。

 

ですからSスキルは基本的に、相手が対応しづらくなるように相手のコストが枯渇した時を狙って発動させます。

 

上記の桃太郎の例で言えば、相手が浦島太郎を使ったのを確認した後に別レーンにSスキルを使うとかね。

 

そしてSスキルを使う多くの場合は、単体で発動させても有利になりにくいという点です。桃太郎の場合は既に敵陣で戦っている味方ユニットの補助として使うのがベターですかね。シンデレラのようなSスキルは単体でも機能します。

 

それと出し渋って負けるくらいなら早めに使って、有利な展開を作ったほうが良いです。攻めるのと守るのとでは、タワーのある守りのほうが圧倒的に楽です。チャージされてしまえばいつでも発動できるので、相手に遠慮せず積極的に使ってみてください。

 

戦局を見極めて発動し有利な試合展開を行いましょう。

 

 

片側レーンだけでなく両方のレーンを気にする

Nスキル発動と同じく、リーグ11帯でも両方からの攻めや守りに対応できないプレイヤーをよく見かけます。

 

例えば相手が攻めてきた時、バカ正直に同レーンへユニットを配置する必要は全くありません。相手のユニットにもよりますが逆に過剰防衛となりインクやカードを無駄にする恐れがあります。

 

これはタワーダメージを極端に嫌う人...というかカードだけで完璧に処理しようとする人にも言えます。

 

赤ずきんや青鬼が単体で攻めてきた時、スペルやユニットを使ってませんか?HPと攻撃力が低いユニットは放置してもそれほど痛くはありません。それよりもコストアドバンテージを取っている事のほうが重要です。タワーHPとコスアドを交換しているワケですね。

 

少し話が逸れましたが、攻めでも守りでも片側のレーンしか使っちゃいけないなんて制約はありません。相手が悠長にタワー背後から高コスユニットを召喚したら逆レーンへ速攻をかけましょう。

 

実力が拮抗している相手との対戦は一瞬の判断力と反射神経で全てが決まります。

 

 

おわりに

 

なんか説明不足な気もしますがパッと思いつくのはこれくらいですかね。

 

分からないこと、疑問に思うことは僕のツイッターにでも投げかけてください。当ブログにはコメント機能を設置していないのでツイッターのほうです、スイマセンw

 

正直、クラロワよりも面白いと思っているので流行ってくれないかなあと切に願っています。