効率厨のソシャゲ攻略ブログ

ソシャゲを如何に効率良くプレイするか攻略するブログ。

【ポケマス】EXチャレンジ「タケシ」ベリーハード攻略

 

タケシEX

 

今回はポケマスのエンドコンテンツであろうEXチャレンジ「タケシ」の、難易度ベリーハードの攻略を行います。

 

ポケマスのゲームシステムをよく理解し、その都度最適な行動をして、ようやくクリアできるほどの難易度です。

 

"エンドコンテンツ"というのが肝で、ストーリーのマルチVHをクリアしたくらいでイキって挑戦すると、手痛い洗礼を受けます。

 

本記事をよく読み、キャラを揃えたり行動順を覚えてから挑戦することをオススメします。

 

 

 

戦闘準備

必須キャラ

必須キャラ

 

 

このステージの弱点タイプは「」「」です。

 

草タイプは主にBOSSのタケシ&イワークを倒すために、水タイプは取り巻きのルナトーンを倒すために必要です。

 

現キャラプールで、それぞれの最適アタッカーはユウキクリスになります。

 

この2体だけは絶対に必要なキャラです。代わりが利かないので、ガチャから出すしかありません。

 

クリスのオーダイルアリゲイツでもクリア可能ですね。ジャローダにするより、オーダイルに進化させたほうが安定ですので、まだ進化石のかたまりを使用されていない方はオーダイルを進化させましょう。

 

一方のメイは他のキャラでも代用できるのですが、草タイプなこととサポート・タンク性能が優秀な上、配布キャラですから用意するのに苦労はしません。

 

「元気メイっぱい」のわざゲージ回復、「SPアップG」の"とくこう"バフが強いのは既にご存知ですよね。

 

もし他キャラを使うなら、アタッカー性能の高い「ライチ&ルガルガン」を使っても安定するでしょう。

 

※9月4日追記~

味方プレイヤー3人のうち、オーダイルが2体以上いるのが分かっている...主にフレンドとの攻略なら、オーダイルの枠を「ツツジ&ノズパス」に変えてもOKです。

 

ノズパスの"ワイドガード"は全体攻撃を無効にするという効果で、ルナトーンの"いわなだれ"を確定で回避できます。

 

ただし、野良プレイで入手難易度の低いノズパスを編成すると、『オーダイル1・ノズパス2』あるいは『オーダイル0・ノズパス3』というような事態になり、水アタッカー不足になるかもなので注意ですw

 ~追記おわり

 

 

挑戦する前に

必須キャラでないと攻略はほぼ不可能

なぜ本記事を執筆するに至ったのかの、大きな理由がこれですね。

 

冒頭でも触れましたがEXチャレンジというのは、ストーリーのマルチプレイを全てクリアし、手持ちの有用キャラを全て育成し終えたようなプレイヤーが挑戦するコンテンツです。

 

そのための入場制限として"つよさ"の数値によるプレイヤー選別も一応あるのですが、星5星4の高レベルキャラを複数編成すれば達してしまうため、タケシEXは魔境と化しています。

 

基本的には、必須キャラの項目で挙げた3体でないとクリアはできません

 

味方チームの中に1人でも別のキャラが居ると、もうほとんどクリアは不可能ですから、キャラが揃っている・揃っていないに関わらず、時間の浪費になってしまいます。

 

それでは全員が不幸になってしまうので、用意できない方は必須キャラを揃えた後に、また挑戦してほしいなと思います。

 

EXチャレンジ...とりわけベリーハードにおいては、寄生プレイは不可能です。

 

先頭(1ばん)のキャラはユウキ&キモリ

ユウキ

 

...なぜこんなことを言うのかは察してくださいw

 

戦闘はチームの中央のキャラが1番手です。

 

たとえ必須キャラを持っていたとしても、開幕の行動が遅れてしまっては意味がありません。相手に先に攻撃されたら即座にOUT。

 

マッチング時の味方キャラがユウキでなかった場合は、十中八九クリア不可なので、タスクキルかリタイアをしましょうw

 

EXチャレンジは、有能な味方プレイヤーとのマッチングに苦労します...。

 

イッセイコウゲキが何より大事

イッセイコウゲキ

 

どのマルチプレイにも言えることです。高難易度マルチステージのクリア成否は、イッセイコウゲキ発動の有無と言っても過言ではありません。

 

味方の攻撃のあとに続けて攻撃を重ねるとイッセイチャージが始まり、3人連続の攻撃でイッセイチャンスに突入します。敵の行動を挟んでも、攻撃技でなければ連続扱いになります。

 

このチャージがMAX貯まるとイッセイコウゲキが発動します。

 

イッセイコウゲキは、

 

  • 全体攻撃
  • キャラ交換
  • 全ての技をキャンセル(リセット)

 

という素晴らしいメリットがあります。

 

とくに技キャンセルが強力で、敵が予約した攻撃を不発にできます

 

敵の攻撃一発一発が強力なEXチャレンジでは必須のテクニックとなるので、味方が攻撃をしたら自分も攻撃、バフならバフと行動を合わせることが大事になります。イッセイチャージがある程度貯まっていたら、攻撃のみのほうが良い場合もあります。

 

もちろん味方の攻撃もキャンセルされてしまいますから、イッセイコウゲキ発動前はチャージ量をよく確認し、わざゲージを無駄にしないよう行動しましょう。

 

バフの仕様を理解する

バフ仕様1

 

これもすごーく今更なんですが、バフの仕様を理解しないことには、高難易度ステージに挑戦することは無謀です!

 

バフ仕様2

 

このタケシEXでいうと、開幕のキモリのバフ「勝利を切り開く!(攻撃+6、特攻+6)」を2回バフったりとか。

 

こういった行動は即リタイア案件となってしまうので、他プレイヤーのリタイア率が高いな~と感じたら、ご自分の行動を見直してみましょう。

 

味方・相手のターゲットをよく見る

ターゲット

 

まず味方のターゲットに関してですが、攻撃は分散させるよりも、敵1体を集中的に攻撃し倒したほうがクリア確率は上がります。

 

特にルナトーン2体は「いわなだれ」の"ひるみ"が厄介なため、イワークを倒した後は最優先で撃破すべきですね。

 

そして敵のターゲットに関してです。

 

敵のターゲットを貰ってしまった場合は、即座にジャローダと交換するか、敵の残り戦力と自分の手持ちを見比べて、キモリ(オーダイル)で受けるかその場で考えましょう。

 

これは最善な行動というのがありません。先読みしてジャローダに交換するくらいしか対策はないので。

 

1番良くないのは、ターゲットを貰い残りHPが少ないのに、わざゲージを消費することです。

 

わざゲージがあれば、イッセイチャージを貯めることができますから、サポートのジャローダでさえ攻撃の糸口になりますからね。

 

※9月3日追記~

検証した結果、イワークを倒すまでの間に味方1体のキモリが集中的に狙われますが、急所に当たらない限りギリギリで耐えるため、交換させずに攻撃を連打しましょう。

 

イッセイコウゲキに突入すればオーダイルと交換できますから、交換よりも逆に攻撃のほうが安定します。

~追記おわり

 

 

戦い方

 

さて、具体的なプレイ講座です。

 

基本的に、以下の順番・行動でしかクリアは不可能だと思います。

 

 

それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

 

タケシ&イワークを倒す【キモリ

対イワーク

 

行動順

 

キモリはこれらの行動を最速で行えば、思考停止でイワークを倒せます。ポチポチするだけ。

 

このステージのイッセイコウゲキ発動までのチャージ量は『24』。

 

リーフストームを3×3回行えば、大雑把に計算しても『(0+4+4)×3=24』となって、技を数回外さなければ、必ずイッセイコウゲキが発動します。

 

このイッセイコウゲキは、後述するルナトーンを倒すためにオーダイルを選択します。

 

注意点

開幕バフ

 

兎にも角にも、開幕のバフは最速で行うようにしてください。敵の行動を挟んでしまうと、イッセイチャンスがうまく発動しません。

 

連続攻撃

 

②or③のクリティカットですが、もし1番最初に行動した味方プレイヤーが、ここで2バフをせずにリーフストームを発動したら、チャージをするために同じように攻撃を行いましょう。最優先すべきはイッセイコウゲキの発動です。

 

運悪く敵の攻撃が急所に当たりキモリが倒された場合は、ジャローダに交換し、攻撃(エナボorギガドレイン)を行ってください何度も言いますがイッセイコウゲキが1番大事。

 

オーダイルはルナトーンを倒すために絶対に必要なので、余計なダメージを喰らわないようにするためにジャローダと交換です。

 

 

ルナトーンを倒す【オーダイル

対ルナトーン

 

行動順
  • ①もっと飛ばすわよ
  • ②プラスパワー
  • ③メガトンキック
  • ④バディーズわざ
  • ⑤メガトンキック連打

 

理想はイッセイコウゲキ発動での交換でオーダイル(アリゲイツ)を出すことですが、発動しなくてもイワークを倒した時点で交換しましょう。

 

ここが最大の鬼門となります。敵のいわなだれによる"ひるむ"発動の有無によって、クリア成功率が大きく変動しますね。それとメガトンキックのクソ命中率もw

 

バディーズわざはオーダイルの時に発動させます。

 

メガトンキック3回と、Bわざを2回打てばルナトーンはほぼ瀕死or撃破となるため、3回目のBわざはもう片方のルナトーンに打つと良いでしょう。

 

もしくは、そのままプルリルを倒すというのもアリです。これも、他の味方の行動を確認しながら判断しましょう。

 

注意点

①②のバフは、①の必中急所だけでも良いかもしれませんね。敵の予約攻撃とオーダイルのHP残量を考慮しつつ、味方の行動も見ながら1バフか2バフか決めましょう。ですが恐らく2バフのほうが安定します。

 

 

③④ですが、バディーズわざが貯まるタイミングは確定ではありません。その時はメガトンキックを打ちましょう。

 

バディーズわざまで残り1だったり"ひるみ"になってしまったら、攻撃や交換をせずにバフ技を使うとBわざが打てるようになって良いですね。

 

こらえる

 

オーダイルはパッシブスキルに"こらえる"を備えているため、2回の攻撃は確定で受けることができます

 

オーダイルは対ルナトーン戦がメインなため、ピンチになっても交換する必要はありません。

 

プルリルを倒す【残りメンバー】

対プルリル

 

ここはぶっちゃけ適当でも倒せますw

 

欲を言えば、残りメンバーの中にキモリが残っているのが理想ですね。キモリがピンピンならリーフストーム連打で倒せます。

 

ここでもイッセイコウゲキやBわざが重要で、残りがジャローダの場合でも、攻撃を優先させたほうが良い場面もあります。

 

他の味方にキモリが残っている、かつ、Bわざやイッセイチャージが貯まっていない状況なら「元気メイっぱい→SPアップG」って感じですかね。

 

味方がリーフストームを打つ・予約しているなら、元気メイっぱいが先です。

 

注意点

特に無いですね。

 

プルリルまでたどり着けば、ほとんどクリアしたも同然です。

 

 

おわりに

 

EXステージの名に恥じぬ難易度を誇り、非常にやりごたえがありますね。

 

こういったソシャゲの宿命で、持ち物検査を強いられるのはマイナスですがw

 

高難易度ステージの理想は、リアルフレンドと直に集まって、ワイワイやりながらプレイするのが最適なプレイ方法だと改めて感じましたね。