効率厨のソシャゲ攻略ブログ

ソシャゲを如何に効率良くプレイするか攻略するブログ。

【ブラダス】韓国版ブラウンダストの「分解システム」について

 

今回も韓国版ブラウンダストの新システムを追って行きます。

 

今までは古代コインの入手頻度はそう多くはありませんでしたが、この「分解システム」により多少は入手できる機会が増えました。

 

と言っても重課金プレイヤー向きのシステムですので無課金プレイヤーには縁が無いかもしれませんね。

 

 

 

分解システムとは

 

韓国版のブラウンダストで追加された新システムの「分解」はキャラを分解することにより古代コインを入手できるようになりました。

 

アリーナやWB報酬に加えて古代コインの入手方法が増える形になったワケですね。

 

また、通常キャラだけでなく助力者も分解可能です。

 

助力者についてはこちら。

 

助力者の場合は星5助力者のみが古代コイン獲得で、星4星3助力者の分解についてはランダムな好感度UPアイテム(以降プレゼントと呼称)の入手になります。ややこしいですねw

 

ただ分解するには厳しい条件を満たす必要があり、おいそれと古代コインを入手させてはくれません。

 

 

分解条件

通常キャラの場合

星5キャラのみ分解可能

まあ予想通りですよね。星4キャラを分解できるようにしたら今頃韓国アリーナは伝説キャラ10凸が蔓延ることになりますから。

 

ちなみにガチャ産の伝説キャラも分解可能です。ガチャ確率0.2%のルシウスとかレヴィアを分解するとか勿体なさすぎw

 

念のために、傭兵合成で獲得した星5キャラ(ローランやアストリッドなど)は分解不可です。これが可能だったらローランを作りまくるでしょうねw

 

 

スキルレベルは+9が必須

トンカチマーク

インベントリのトンカチマークが分解

選択不可

9凸でないと分解するキャラを選べない

鬼門なのはこれ。

 

ただ単に無凸のキャラを分解することはできません。分解システムはあくまで余った星5キャラの救済措置でしょうね。

 

ですから無微課金プレイヤーは分解による古代コイン獲得の機会はまず無いでしょう。

 

 

助力者の場合

グレードはV(5凸)が必須

助力者分解

同じくトンカチマークが分解

助力者グレードV

グレードVの助力者しか選択できない

助力者の場合は星5の制限はなく、どのレア度の助力者でも分解可能です。

 

ただ完凸が条件というのは変わりません。助力者はグレードVでないと分解はできませんね。

 

 

入手量

通常キャラの場合

星5キャラ1体につき古代コイン10枚

まあ余ったキャラなんでこんなもんでしょう。

 

普通のプレイヤーはまず、同キャラ余りをスキル移行に使ったほうが懸命ですね。

 

分解は重課金プレイヤー専用のシステムですよ。

 

ちなみに分解するキャラは無凸じゃなくてもOKです。

例えば、5凸のキャラを分解したら古代コインはちゃんと50枚貰えます。これで倉庫を圧迫せずに済みますね。

 

 

伝説キャラ1体につき古代コイン100枚

さすがにガチャ産の伝説キャラともなると古代コイン入手量が10倍も違います。

 

でも伝説キャラを9凸した後に伝説ガチャを回しますかね?w

そういうプレイヤーは大抵全ガチャ限オクトを持っているだろうし、古代コイン100枚のために回すのは博打が過ぎる気がします。

 

 

助力者の場合

星5助力者1体につき古代コイン10枚

通常の星5キャラより凸・入手難易度が高いのに枚数は同じですね。

 

50枚くらい貰えても良かったんじゃないの?

 

 

星4助力者1体につき星5補助者のプレゼント20個

星5助力者の好感度上げはめちゃくちゃ大変なので、これはわりと有り難いですね。

 

全キャラの好感度を上げた後は知りませんw

 

真面目に話すと、今後も助力者は追加されるはずなので余った助力者は直ぐに分解せず保管しておくのが正解だと思います。

 

 

星3助力者1体につき星4補助者のプレゼント20個

現在では星3カーソンの助力者であるローレンスしか居ませんね。

 

星3助力者は入手頻度がかなり高いのでバンバン分解できるはずです。ですから星4助力者は最低でも1体は確保できそうですね。

 

 

おわりに

 

古代コインは時間経過しないと入手できない代物で、新規と既存プレイヤーの間にどうしても埋められない差ができてしまいます。

 

特に新規の重課金者はいくら課金しようが、伝説キャラの凸数がモノを言うアリーナでは到達ランクに限界がありますよね。

 

分解が実装されたことで"一応"は古代コインを入手可能ですが、無微課金プレイヤーにはまず無縁のシステムとなりましたね。